.

FXに関しての興味深いところは、たった一つの商品であるにもかかわらず、資金投下の期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」という3種類の中からいずれを選ぶのかで、投資の手法が大きく違うという点にあると言われます。1番目に外国の貨幣へ投資の「長い期間の投資」を詳しく見てみよう。長期というものは、一年以上の投資期間が基本とされているのです。基本的に為替相場においては、一年以上も経過した後のレートは円高か、もしくは円安かどうかを考えるということは、一般的に難問です。ほとんどのケースでは、「そこまで後々の未来のことは予知できない」というのが当然かと思います。わからないものを予言しようとしたところでそんなことは意味のない行為です。そういったことから外国貨幣を買ったら、買った時の価値よりも円高になってしまってもその損失分は待っていれば円安になるはずだというポジティブな気持ちで取引に取り組むものです。儲けをアグレッシブに目指すばかりでなく、別の方法での利益スワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げることを一番最初の目標と決めて投資しましょう。もちろん為替変動の影響で損失がなることもあります。よって、大きな為替差損にも問題ないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめで取引するのが肝心です。外国為替証拠金取引は損失が一定範囲以上に大きくなってしまうと、追加保証金が必要になったり、あるいは損切りを置く必要があります。ストップロス(ロスカット)をしたら直ちに取引を清算せざるを得なくなり、長期のトレードが難しくなります。例のような危険を回避するには、レバレッジ2?3倍くらいでやり取りする方が良いでしょう。今度は中期を狙ったやり取りに関してです。中期スタンスのケースは長くて1?2ヶ月程経った頃を考慮しての売買です。為替の売買の時、およそ1ヶ月先のことであればほとんどの場合、想定可能でしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などのような国同士の会議とかマーケットに参加している人たちがどういう内容に注視しているかを調べれば、そこそこ予想がつくと思います。この経済の状況を見る一方チャートをチェックすることによってレートの状態を把握する事ができ、買いか売りかをジャッジする方がいいと思います。基本的に、経済の状況とテクニカルの両方で光りもしくはどちらも買い傾向が一致している時は、ほとんどの場合その様に動くと思って問題ありません。そうしたら持ち高を増やすことでより大きい儲けを狙っていけるのはほぼ間違いないでしょう。3つ目に短期のポイントです。ここでいう短期スタンスは言うなれば日計り取引を示しています。為替市場でデイトレをする場合は、ファンダメンタルズは少しも影響しないと断言していいです。というのも次の日の為替レートの動向に、ファンダメンタルズは関係がないからです。ここでの、最大のコツは大きな行事がある時、そのおかげで為替相場が目立って変化する瞬間を見逃さないようトレードすることです。例を挙げると、米国において雇用統計が発表される、もしくは金融政策などによって金利が変動するといった催しごと。こうした瞬間的な変化を見過ごさないという意味から、短期トレードでは専門的な知識が必要になる。