.

普通の初心者向けのFX投資の書籍では「損をしたケースではナンピンを入れることによって、ポジションのコストを小さくする」と説明されている事もありますがこれにはかなり大きな危険性が潜んでいます。まずはじめに、ナンピンの手法について手短に述べておきます。仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。$買いということで円安ドル高になれば利益が出るわけですが不幸にして1ドル95円まで円高が進んでしまったとします。そのままの状態で所有し続けたら、プラスになるためには、5円分円安ドル高に向う必要があります。皆さん、マイナスは早くリカバリしたいと思います。ここではじめに注文したのと同額分のドルを売買します。それで、全体の買い付け単価は1ドル=97.50円まで引き下げることができます。これで、2.50円の幅で円安ドル高に推移すれば、赤字を失くすことが出来ます。こういったことがナンピンの方法です。このように、ナンピンの理屈を聞くと、「確かに」と思ったりするが、マーケットは簡単には問屋を卸しません。だいたい、1ドル95円が下限だとということなど、なんびとも予想できません。たとえば、為替がかなり強いドル安傾向だとすれば95円ではとどまらず、さらに一層円高に進む確率が高いです。仮定として、97円50銭でナンピン買いをしたとしても、95円まで円高になっとしたならば、ナンピンを入れた分についても、マイナスが生まれます。この状況では、最初に持ったポジションと合計で更なる損失を被ることになる。例示したとおり、ナンピンは難解です。それでは、為替が自分自身の物語とは別の方向に行ってしまった場合、どのような術で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。選ぶべき術は2つしかありません。まずひとつめは潔く損を確定する事です。もうひとつの選択肢としては今現在、あなたが持っている買いポジションを縮小することによって市場が回復するのを大人しく待つことだけです。少し大人しい方法だとみる方もいると思います。だが、所有している買いポジションにマイナスが生まれた時、一番危険の少ないやり方はそれ以外にはありえません。なるほど、ロジックとしてはナンピンという手段もあるように思えます。しかしナンピンは自分自身が損をしているのに、ポジションを小さくするどころか、買いポジションを積み増していく対策です。この考え方では、危険性を削減することなどとても無理だ察するべきです。ナンピンを続ける事ができればいつの日にか損失が回復するかもしれません。だけど、そうなる前に資金が不足してしまいます。