.

一般的に任意保険という保険は強制保険になっている自賠責保険とは違い、自賠責保険の範囲内で補うことが難しい補償をしてもらえるとても大事な保険です。ハワイ旅行記

これは任意の保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上級保険として役に立つものですので自賠責保険でカバーできる支払い能力を上回った際に有用です。ハワイ旅行記&持ち物準備のコツ

また自賠責保険だけでは物的損害に対しては補償対象にならないのでそれをまかなうためにはさらに任意保険にも加入する必要があります。

既に任意保険を支払っているクルマを処分する際は、国産メーカーの車とか海外の車などことは関係なく残っている分が返金されます。

これは日本の自動車を売る場合でも同じことが言えます。

自賠責保険は基本的には入ったままにしておくのが常識になっていますが任意保険の場合は誰でも加入するものではないので契約解除ということになります。

さらに、解約をすれば、支払っている返戻金が返還されることになります。

自動車売買が決まった場合でもすぐさま保険を解約するという選択肢はリスクが高いです。

当たり前ですが、できるだけ早く解約するとその分返ってくる金額は上がりますが、もしも自動車買取のお店が遠くにあって自ら持っていくことになった場合には任意保険に加入していない状態で自動車の運転をすることになります。

リスクを想定して、これから自ら車の運転をしないという状況にするまでは保険の解除の手続きはされないようにしなければなりません。

自動車を売り、すぐに他のクルマに買い換えるのでしたら良いですが仮にしばらく運転をしない状況が続いて任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこうした任意保険に入っていない時間が存在すると以前に続いていた保険の等級が下がってしまい保険料が上がってしまいます。

この場合は「中断証明書」を提示してもらうようにしなければなりません。

この「中断証明書」があれば一定期間、契約解除前の保険の等級を引き継いで加入することができるのです。

そして13ヶ月以内であれば発行してもらうことができるので、もう車を売られていて、「中断証明書」という書類を出されてもらっていないケースでは保険の提供元や保険代理店にその旨を伝えたほうがいいと思います。

もし他のクルマを買うことになって、購入したあとで前に保有していた自動車を買い取り依頼するのであれば任意保険の契約は片方のみになります。

保険の切り替えになるため、運転する予定のある車ならば引き取りまで注意が必要です。

さらに、任意保険の保険料は自動車の種類次第で金額が少し違ってくるのでクルマ売却の時は任意保険の内容を検討する良いタイミングにもなります。