.

遠まわしに使うクレジットカード使用のやり方は簡単です。

カードを使ってダイレクトに買えない物品をストレートに買うという手法ではなく直接商品を買わずに買い付けすればいいのです。

理屈が容易という根拠により、第一にギフトカードの事例を採用して解説してみたいと思います。

モデルになる人が一流のカバンを購入したいと考えて立ち止まっています。

買いたい有名な銘柄のバックを売っている場所では買おうとしてもクレジットカード使用で取引することができないのです。

しかしVISA、Diners clubなどののギフト券によってなら取引する事を許してくれるようです。

なのでとある女性はカードでギフトカードを発注する事が可能な商品券を売っている店舗に出かけクレジットカードを駆使してVISA、NICOSなどの券を発注したとします。

そのあと用いたカードを駆使して買い付けたJCB、MasterCard、Diners clubなどのギフト券を店に携帯して向かい、手に入れたかったブランド服を注文したとしましょう。

「なぜギフトカードで購入した人物はそういった煩わしい手法をしているのでしょう?」と訝しむ人もいるでしょうが実のところ上記で述べた手段を用いるのだったら一般だったら手に入れられる事がないカードポイントがつきます。

普通に、キャッシュを使う事で高価なバックを注文したりしてもカードポイントはゲットできませんし、MasterCard、NICOSなどの商品券を金で取り寄せして活用しても得られません。

けれどもこのケースではVISA、MasterCard、Diners clubなどの券をカードで取り寄せしたという根拠により高価なコートを購入した場合と同じ分のカードポイントが手に入れられるのです。

こういう例が直接商品を買わずにカードローンを使った事であるという根拠で遠まわしに使うクレジットカードと言われる仕方です。